コミケ告知

サークル networkmaniacs.net(旧:浜風もっこす) 2017.02.17 デブサミ内 DevBooksに出展します。
詳細は circle タグの記事へ。
2014年4月1日火曜日

Elixir relexによるassemble

Releaseに際して、Scalaならばfat JARを生成するためのsbt-assemblyというものがあります。Elixirではrelexがそれに相当するようです。
親切なドキュメントは無く、最初はうまくいかなかったのですがrelexを使っているプロジェクトを発見して、そこのmix.exsを真似するとうまくいきました。


  • depsにrelexを追加
  • Code.append_pathでライブラリのパスを追加
  • defmodule Release を追加


参考資料

特に追加設定をせず mix relex.assebleを実行すると、Erlangのランタイムまで丸ごと入ります。include_erts? や include_elixir? などのオプションがあり、Releaseモジュールの中で定義することでデフォルト設定を上書きできるようです。ドキュメントはなさそうなので、relexのrelease.exsを参照。

中でシェルスクリプトを生成しているため、純粋なWindows環境では上手く動かなそうに見えます。