コミケ告知

サークル networkmaniacs.net(旧:浜風もっこす) 2017.02.17 デブサミ内 DevBooksに出展します。
詳細は circle タグの記事へ。
2017年2月18日土曜日

DevBooks お疲れ様でした

DevBooksに出展してきました。目黒雅叙園という場所、単に講演を聴きに参加するだけでも目新しくて面白いのですが、出展するのも同様の新鮮味がありました。
来場者はなかなかの人数であるものの、即売会としてはかなり厳しいものがありましたが、まあこんなことが一度くらいあってもいいでしょう…。即売会が最初から買い物に来ている人たちなのに対し、デブサミは講演を聴きにいくところですからね。

次回は4/9(日曜) 技術書典2に参加予定です。よろしくお願いします。

2017年2月16日木曜日

Network Maniacs vol.7 URL集

2017.02.17刊行、Network Maniacs vol.7 内のURL集です。
本に書いてあるURLを打ち込むのはつらいので、ご活用ください。

DevBooksに出展します

告知が遅くなりました…というよりもはや前日ではありませんか。
Developer's Summit (デブサミ) になぜか用意された同人誌即売コーナー「DevBooks」に、サークル networkmaniacs.net として出展します。2日目、2/17(金)のみの出展となります。

主にコミケで出してきた、Network Maniacsシリーズの最新刊が出ます。テーマはAeron。Internet越しの通信ではなくて、自システム間通信(データセンター内)をターゲットとして開発された、トランスポート層のプロトコルです。

今まで大抵1冊に2つテーマを持たせてきたものの、今回は単発。しかも、とてもマイナー…今までのシリーズで最もマイナーなネタと思われます。どうなるのか心配ですね!

デブサミという技術カンファレンス内の同人誌コーナーという存在、まったく出る数が読めません…。主催者の方も予想がついていないのではないかと思います。デブサミ自体はたくさんの方が来場されますが、お仕事で来られる方も多いでしょうし、同人誌コーナーへの来場者数はさっぱり不明です。4月の技術書典2に出す分までまとめて刷ったので、だいぶ余るとは思いますが…。
2016年12月8日木曜日

転職したときの話を少々

転職 Advent Calendar 2016 8日目の記事です。

今年転職した人が多いだろうなーと思いつつ、何年か前に転職した人の話を書きます。細かい数字は覚えていなかったり若干意図的に揺らしてたりしますが、そのへんは大雑把に読んでいただければ。

概要

2010.09 前職退職 → 2011.05 現職。でかい企業(電機)→中企業(従業員2000人くらいのはず)。転職したのは29歳か。
元々終身所属する気は一切なく「でかい企業で人と金の使い方を見ておこう」というモチベーションによる入社でした。とはいえ実際就職してみると、年々「このままでいいか…」という気分は高まってきます。企業内・業界内の友人とばかり交流していくと、そうなる人は多いのでは?
しかしあるときフレックス制度が無くなって、所属する価値が激減。それをいい機会に昔の計画を思い出し、実行したというだけです。

空白期間

空白期間を置くことは当初から計画にあったので、急ぐことはしませんでした。ほとんど自らの手を動かさずに暮らしていたので、技術者として自分を鍛え直す必要を感じていました。開発部門にしては細部まで触らせてもらっていたはずですが、コードを書くどころかプログラムの設計までも手の届かないところにあり、仕様書まで。

と言いつつすごい勢いでゲームもしていたのですが(予想された展開)、時間が長く取れることを生かして、しっかりコーディングしたり、本を読んだり、平日に無料でやっているカンファレンスに行ったり、当時ぽつぽつ出始めた勉強会に行ったり…何とか実装力は取り戻したかなと思います。しかし当時MMOかソシャゲに手を出していたら人生終わっていたかも。

最終的に、7か月半くらい無職でした。半年の予定が若干伸びた理由のひとつは、阪神大震災です。二次以降の面接予定がバタバタとキャンセルになってもうどうなることかと。こんな大きな事件に限らず、もっと細かい事件で伸びたりキャンセルされたりはあるので、生活費ギリギリまで就活するのはやめましょう!


転職前後で変わったこと

精神的に健康になった

大事。
前職終盤ではメモ帳を呪いのフレーズで何ページも埋めてたり、上司に電波メール送ってたりしましたから。黒歴史として抹消せねばならぬ。
自分はヤバめになった段階で逃げ出したからよかったけど、周りを見ていたら、人間意外と、色々な原因で壊れるものですね。学生のときにはまったく想像もしなかった。

働くのが楽しい

大事。
「趣味を仕事にしてはいけない」なんて話が時折Twitterや人気ブログエントリとして流れてくるけど、好きなもの・詳しいものを扱った方が楽しいに決まっています。失敗談や攻撃的な話題はみんな喜んで広めるのに対し、平穏な話は広まらない、あるいはそもそも書かないのかなあ。



正社員化周りの話

契約更新され続けたのちに、少し前に正社員になりました。このとき、いくつか収入面で罠があります。みんな気を付けてね!
  • ボーナス1回分損する
上期ボーナス→12月、下期ボーナス→6月という感じだと思いますが、初回は出ませんよね。転職のときにボーナス周りのロスが出るのは認識していたのですが、正社員化のときにあるのは全く頭から抜けておりました…。
  • 年収が下がっている可能性がある
月額あるいは年俸契約していた状態から正社員月給に変換するときに、「ボーナスは年で4か月分あるから、年俸/16*12で据え置き月収ね♪」ってされるけど実は近年実績として平均で4か月分も出ていない!というケース。


最後に

特に一般化せず、自分の経験を書きました。就業関係って、絶対一人の活動で十分にカバーしきれるものではないので、割り切って一例として残す以外ないかなと思いまして。何か参考になれば幸いでございます。



転職 Advent Calendar 2016

前日(7日目):後日更新
翌日(9日目):後日更新


2016年12月4日日曜日

Awesome ElixirがAwesomeかどうか確認してみた

Elixir Advent Calendar 2016 4日目の記事です。


Elixirの強力な情報源のひとつに、Awesome Elixirというリンク集がありまして…
見てくださいこのリンクの数。1000以上あるみたいです。

リンクがたくさんあるのは良いのですが、過去何度か「辿ってみたが既に死んだプロジェクトだった」ことがありまして。リンク集にはありがちですよね。とくに善意で集めたものだと、削除がしづらかったり、把握しきれなかったり。ここでふと気になって、どれくらい新しいのかを調べてみることにしました。

方法はシンプルで、README.mdに書いてあるリンクをバラして、その先を機械的に確認します。対象はGitHub上のプロジェクトのみにします(API経由で情報が取れるため)。9割以上がGitHubのプロジェクトです。

結果

  • 2013年 1
  • 2014年 62
  • 2015年 232
  • 2016年 724 


HTTPoisonでささっと作ったクローラー、GitHubなのに解析ミスってるものがぽつぽつあり(URL解析ミスかAPIリミットに引っかかったか)、本当はデバッグしないといけないのですが、大きな割合ではないので今日のところはご勘弁を。Excel製ヒストグラムもうまく月区切りに出来てませんが、ひとまずどちらも全体の傾向を見る上ではギリギリOKということで…。

雑感

Elixirの主なバージョンのリリース履歴は以下の通りです。
  • 2016年6月 v1.3
  • 2016年1月 v1.2
  • 2015年9月 v1.1
  • 2014年6月 v1.0
2015年以前のものは、v1.1系までで書いてあるということになります。動くのかな。もしこれらを全部「賞味期限切れ」とすると、全体の3割ほどがアウトということになるようです。
ちなみに無事拾えた情報中では、一番古いのは https://github.com/urbanserj/hsnif で、15 Jun 2013 とありました。



Elixir Advent Calendar 2016
前日(3日目):elixirができるまで
翌日(5日目):後日更新
2016年9月16日金曜日

topの出力を食うfluentd用のプラグインを書いた


 topコマンドの出力を若干フィルタかけて流すやつです。
システム全体の情報を見たい局面では、dstatプラグインを使ったほうが良いので、使用すべき局面の限られるプラグインです。自分が使うので書いたのを、せっかくなので公開したもの。
topコマンドって、CLI用だけども基本インタラクティブな使い方が想定されていて、パイプで後段に流す動作(バッチモード)では、かなりシンプルな機能が無いことを知りました。
2016年9月7日水曜日

Network Maniacs vol.6 電子版 ダウンロードについて

先のC90にて、電子書籍の形でも頒布させていただいた NetworkManiacs vol.6 ですが、現在配布に利用しているサービスの都合により、ダウンロードが出来ないようです。
ファイルが利用可能になるまでお待ちいただくか、あるいはTwitter@moccosに個別にご連絡いただければ、直接お送りいたします。ご迷惑をおかけいたします。

対面電書というサービス(新:https://taimen.jp/ 旧:https://densyo.jp/(すでに消滅))を利用しているのですが、なんと新システムへのデータ以降が済んでいないのに、旧Webサイトを閉じてしまったようです…