コミケ告知

サークル活動の詳細は circle タグの記事へ。
2017年5月6日土曜日

Mastodonの強みは企業運営による独裁

鳴り物入りで流行が始まったMastodonもまず最初の落ち着き段階を迎え、各自使い方を模索する段階でしょうか。巨大インスタンスから個人インスタンスまでさまざまです。ここで、不特定多数の集うMastodonインスタンスのメリットを情報発信者視点で検討した場合、当初喧伝された「特定企業の支配からの脱却」とは真逆となっていることに気づいてしまいました。

虚構1-分散型? → 否、堅牢な企業運営の重要性


分散に関する課題は多々ありますが、ここで着目するのは「運用が継続することの重要性」です。作品を一番最初にアップロードしたサービスが潰れてしまうと、その画像のコピーライトを証明できないかもしれないのです。写真・絵・動画、そして文章も。

もしマイナーなインスタンスでアップロードしていて、そのインスタンスが潰れてしまったら…。それ以前に、インスタンス管理者は日付を含めてあらゆる変更が可能です。なにか不祥事があれば、運用が止まったわけではなくても、発表日時を証明できるプラットフォームとしては信頼性を失う事すらあるかもしれません。

虚構2-特定企業思想からの脱却? → 否、独裁の重要性


特定思想による独裁的ルールの建設は、Mastodonの強みです。例えば、熱烈な阪神タイガースファン専用インスタンスであれば、広島カープファンとして発言を続けるアカウントを凍結対象としてしまうこともできるでしょう。
Twitterを含め大半の「汎用」SNSでは、そんな事は普通は出来ません*1。Twitterは米国基準であるために、日本人絵師が凍結されることが大きな問題とされました。しかし逆に、転載botの類にろくに対処できない緩さ、申請時に提出すべき個人情報の多さも大きな問題でした。

Mastodonでは、明確な著作権侵害への前向きな対処が可能と思われるため、Twitterとの差別化ポイントとして大いに期待しています。他のインスタンスで悪いことをされたら直接対処は出来なくなりますが、対処をしているインスタンスのローカルTLからは排除できますし、悪いアカウントに対処しない外部インスタンスとの接続を切ることで、連合TLから排除するところまでは可能でしょう。
インスタンス間連携は、遠からずブラックリスト方式でのスパム対応が辛くなり、ホワイトリスト方式を取るインスタンスも増えるのではないかと思います。

最近、同人作家の間で「DLSiteに作品を登録した場合はちゃんと対応してくれるので有難い」という話をぽつぽつ見かけます。作品の保護は確実にクリエイターには響き、作品を発表する場としてクリエイターが集まる効果があるはず。(参考: DLSiteによる対処実績報告のTweet)


以上を踏まえ、Mastodonの強みは「ルールの合う独裁者のもとで暮らせること」、それにより「同族が群れる安心感」だと捉えています。後者は、同じ独裁者(=ローカルルール)を選んだことにより選別された集団であるため、前者の副次的効果です。


*1: 運営批判をするとBANされて反省文が必要なSNSもあったが
2017年4月18日火曜日

マストドン(mastodon)の現実装を捨てるべき理由

1: 情報公開思想が逆 

Federation(連邦)タイムライン、Pawooを発端に盛り上がってしまった件。同じ属性の者がインスタンスに集まっているのに、それを外に出す理由がない。逆にさらに絞り込むのならわかるけど。このあたり、本当はGoogle+のCircleの仕組みが素晴らしくよく出来ているのだけど、あれはGoogleがEvilすぎて即死だったね。

おそらく、小さなインスタンスがたくさん立つ形態の情報管理単位として参考にすべき成功例は「攻略Wiki」や「したらば掲示板」だと思われます。これらに、いまふうのAPI・表示インターフェイスがついてくれれば。

2: 分散・連携に弱そう

ただ「隣と繋がる機能を持っている」にすぎなくて、なにかしらの階層やトポロジに関するところはなさそう。さらに、ここ2日くらいで広まりつつある「自分専用のインスタンス」や「余所のローカルタイムラインを並べて見る機能」はあまりよろしくなくて、読む人数だけ接続が出来てしまう…

3: ID管理の仕組みが悪い

インスタンス毎にIDを作らないと発言ができない。既に6個くらいアカウント持っている人もいて、なんだかなあ。GNU的原理主義により、「一社に全てを握られたくない」が逆の極端に振れているのだけど、実用的には認証手段がいくつか用意されていて代替に切り替えられる程度でよい。例えば、GoogleアカウントでもTwitterアカウントでも認証できるなど。

4: AGPLである

コメント略。


まあ色々問題はあれど、ちゃんと動くしAPIや認証の仕組みもそれなりに作られた現行実装、そんなに簡単に捨てる(代替アーキテクチャを用意する)わけにもいかないとは思いますが。
2017年4月9日日曜日

技術書典2 お疲れ様でした

4/9(日) 秋葉原UDXで開催された 技術書典2 に出展しました。来場者の皆様、運営の方々、お疲れ様でした。

マイナーなテーマのvol.7、一切増刷しないつもりでたくさん準備していたので、最後までしっかり完売せずに持ちました。COMIC ZINさんに委託予定です。既刊は途中で完売し、再版の予定もありませんが、この内容を含めて再編集・加筆を企てております。…とその場で説明したことですし、もう少し頑張ります。
2017年4月3日月曜日

技術書典2に出展します

4/9の技術書展2に出展します。ただ、新刊は出ません。楽しみにしてくださった方がいたら申し訳ありません。2月のDevBooksの新刊は確か1冊しか売れていないので、これは実質新刊ということでご勘弁ください。

おしながき (予定)

  • Network Maniacs vol.7 [準新刊] 300円
    • TCPより高速な内部ネットワーク向けトランスポート層プロトコルAeronと、そのライブラリ使用法の紹介
  • Network Maniacs vol.3 [既刊] 400円
    • 本当は怖いTCP (受信周りの話) 
    • ネットワーク向けツール紹介
元気とネタがあれば、突発的なコピー本が増える可能性がありますが、今回は難しいかもしれません。事情は以下に書いてありますので、暇な方はどうぞ。

執筆状況について

今回、執筆に充てられる期間が十分あり、予定通りTCP周りの総集編の組み立てと技術調査を行い、3月頭には予定通り、がっつり書く準備が出来ていました。遊んでいたソシャゲも2本切って、余計なことに時間を使わないための覚悟も万端。ただ、結果からいうと1ページも書き上がらなかったのです。
元々、執筆時には「こんなもの誰が読むんだ…」という負のモチベーションに包まれてしまうタイプで、それがイベントに出るたびに、その場で会話したり既刊の感想をいただいたりでテンション爆上げして、そのエネルギーを思い出しながら引っ張っていました。それが、冬コミに出ず、DevBooksが残念なイベントになってしまったことで、もはや前に進める状態に持っていくことが出来なかったようです。同時期に親父がぶっ倒れてしまったのも、不幸なタイミングでした。
このメンタルが改善されなければ、技術系サークルとしてもこのまま終了となるかもしれません。夏コミには別のジャンルで申し込んでいるので、そこでまず同人活動としての自信を取り戻せるとよいのですが、こういう時に限って抽選落ちるんだよなあ。

Devbooksのことをもう少し

直後に書いた当たり障りのない話よりもうちょっと細かく書き残しておきます。
このイベントは、長時間構えていた割に全然人は来ないし、来ても即売会と違ってまず大半が買い物をする気がない、取り付く島もないという感じでした。これは、デモを用いた宣伝に徹するくらいしか用途がないなあという話を、その晩の飲み会ではしたような。
デブサミは素晴らしい講演が多いイベントですが、意欲のある参加者は講演を渡り歩く+移動時間で精一杯で、本の販売コーナーなんて行きませんよね。自分がカンファレンスに参加する場合もそうです。また、書籍販売部屋で見かけた参加者は意外と年齢が高めで、細かい技術への興味が高くはなさそうでした。隣のプロマネ系の本を出していたサークル(だけ?)はそこそこ人が来ていたように思いますが、逆にそういう感じです。
大局的な話題を出すべき場所に、とてもマニアックな話題の新刊を当ててしまったのが失敗と言えますが、そもそもうちの存在意義からして、ライトに寄せるといってもTCPくらいまでが精一杯…
2017年2月18日土曜日

DevBooks お疲れ様でした

DevBooksに出展してきました。目黒雅叙園という場所、単に講演を聴きに参加するだけでも目新しくて面白いのですが、出展するのも同様の新鮮味がありました。
来場者はなかなかの人数であるものの、即売会としてはかなり厳しいものがありましたが、まあこんなことが一度くらいあってもいいでしょう…。即売会が最初から買い物に来ている人たちなのに対し、デブサミは講演を聴きにいくところですからね。

次回は4/9(日曜) 技術書典2に参加予定です。よろしくお願いします。

2017年2月16日木曜日

Network Maniacs vol.7 URL集

2017.02.17刊行、Network Maniacs vol.7 内のURL集です。
本に書いてあるURLを打ち込むのはつらいので、ご活用ください。

DevBooksに出展します

告知が遅くなりました…というよりもはや前日ではありませんか。
Developer's Summit (デブサミ) になぜか用意された同人誌即売コーナー「DevBooks」に、サークル networkmaniacs.net として出展します。2日目、2/17(金)のみの出展となります。

主にコミケで出してきた、Network Maniacsシリーズの最新刊が出ます。テーマはAeron。Internet越しの通信ではなくて、自システム間通信(データセンター内)をターゲットとして開発された、トランスポート層のプロトコルです。

今まで大抵1冊に2つテーマを持たせてきたものの、今回は単発。しかも、とてもマイナー…今までのシリーズで最もマイナーなネタと思われます。どうなるのか心配ですね!

デブサミという技術カンファレンス内の同人誌コーナーという存在、まったく出る数が読めません…。主催者の方も予想がついていないのではないかと思います。デブサミ自体はたくさんの方が来場されますが、お仕事で来られる方も多いでしょうし、同人誌コーナーへの来場者数はさっぱり不明です。4月の技術書典2に出す分までまとめて刷ったので、だいぶ余るとは思いますが…。