コミケ告知

サークル活動の詳細は circle タグの記事へ。
2017年4月18日火曜日

マストドン(mastodon)の現実装を捨てるべき理由

1: 情報公開思想が逆 

Federation(連邦)タイムライン、Pawooを発端に盛り上がってしまった件。同じ属性の者がインスタンスに集まっているのに、それを外に出す理由がない。逆にさらに絞り込むのならわかるけど。このあたり、本当はGoogle+のCircleの仕組みが素晴らしくよく出来ているのだけど、あれはGoogleがEvilすぎて即死だったね。

おそらく、小さなインスタンスがたくさん立つ形態の情報管理単位として参考にすべき成功例は「攻略Wiki」や「したらば掲示板」だと思われます。これらに、いまふうのAPI・表示インターフェイスがついてくれれば。

2: 分散・連携に弱そう

ただ「隣と繋がる機能を持っている」にすぎなくて、なにかしらの階層やトポロジに関するところはなさそう。さらに、ここ2日くらいで広まりつつある「自分専用のインスタンス」や「余所のローカルタイムラインを並べて見る機能」はあまりよろしくなくて、読む人数だけ接続が出来てしまう…

3: ID管理の仕組みが悪い

インスタンス毎にIDを作らないと発言ができない。既に6個くらいアカウント持っている人もいて、なんだかなあ。GNU的原理主義により、「一社に全てを握られたくない」が逆の極端に振れているのだけど、実用的には認証手段がいくつか用意されていて代替に切り替えられる程度でよい。例えば、GoogleアカウントでもTwitterアカウントでも認証できるなど。

4: AGPLである

コメント略。


まあ色々問題はあれど、ちゃんと動くしAPIや認証の仕組みもそれなりに作られた現行実装、そんなに簡単に捨てる(代替アーキテクチャを用意する)わけにもいかないとは思いますが。

0 件のコメント:

コメントを投稿